2015年01月19日

やっぱりセイルロック

大好きなポイントはセイルロック。
魚影がタオ島周辺で最も濃いとされているポイントの一つです。

セイルロックはタオ島とパンガン島の間に位置しており、
水面に岩がぽこりと出ている沖合のポイントになります。
タオ島からよりサムイ島からの方が行きやすいポイントとなっています。

透明度が良い時は30mほどになりますが、もちろん悪い時もあります。
流れるときはすごい流れるため、上級者向けのポイントとなっています。

コンディションが悪い時もあるけれど、
いい時はすっごくいいので、
やっぱりここのポイントが大好きです。

右を見ても左を見ても、
上を見ても下を見ても、
魚がたくさんいます。
カメラが忙しいくらいです。

一度潜ったことがある人は、次回も潜りたくなるほど
魚影が濃いポイント。

一度は潜ってみたいポイントです。

sail08.JPG
posted by タオ島 at 18:53| バンコク | Comment(0) | ダイブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナンユアン島でダイビング

タオ島横にある小さな島がナンユアン島です。
3つの島が白いビーチでつながっている、とてもきれいな島です。

島にはレストランが一つ、展望台が一つあります。

タオ島からはタクシーボートに乗って遊びに来ます。
日焼けを目的とした西洋人たちがビーチでのんびり過ごしています。

サムイ島からタオ島へ直接下船するのではなく、
一度ナンユアン島によってダイビングした後に
タオ島に宿泊することも可能です。

久しぶりにダイビングされる方は
1本目はビーチからダイビングをして体を慣らした後、
2本目はボートダイビング。
そうすると翌日から安心してタオ島からのダイビングに備えることができます。

また、久しぶりでない方も、日・火・木曜日は沖合のポイント・チュンポンピナクルに
行くことが決定しているので、チュンポンピナクルに潜りたい人はお勧めです。

ダイビングとナンユアン島の景色が両方楽しめる事が魅力ですよ。

IMG_4334.JPG
posted by タオ島 at 18:22| バンコク | Comment(0) | ダイブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

タオ島のダイビングスタイル

タオ島とは亀の島という意味です。
もともとはたくさんの亀がいましたが、リゾートも増え、だんだんと減っているという悲しい現状もあります。

ダイビング風景

タオ島はダイビングのメッカ。
港にはたくさんのダイビングボートが止まっています。
タオ島からのダイビングは午前中2本、午後2本、ナイトダイビング1本と
多くて1日に5ダイブできます。

多くのボートは午前中が終わったら、一度島に戻ってご飯を食べ、
またボートに乗るといった形が多いです。
移動中にスイカやパイナップルが出てくるのも嬉しいですね。

ダイビング三昧したい方は、タオ島がお勧めです。
posted by タオ島 at 17:34| バンコク ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。